トップ / 投資で得られる節税効果

投資で得られる節税効果

投資して未来に備える

投資マンションの経営と節税効果

投資マンション経営の大きな魅力は「家賃収入の確保」です。そして、この不動産事業の隠れた魅力は「高い節税効果」なのです。つまり、入居募集に関する費用・管理に関する費用・設備維持費等は、確定申告時に経費計上できるため、家賃収入を確保しつつ、極めて合法的な節税が可能です。もちろん、入居募集業務・管理業務・設備維持等については、不動産業者や管理業者に委託すれば良いのです。即ち、日本のみならず世界においても、投資用のマンション経営は、不動産という安全資産を活用して家賃収入を確実に確保しつつ、節税効果を高めることが出来る確実な資産の運用方法なのです。

投資

マンション経営の節税効果とは

現在において、投資用マンションの経営は、いわゆる資産家だけでなく普通の会社員等の人にも極めて人気があります。これは、安全な資産である不動産を賃貸し、確かな家賃収入を得て、魅力的な副業収入や私的年金として考えている人が多いからです。ちなみに、投資用マンションというと「リスクが大きい」と考える人もいますが、家賃収入としての魅力だけでなく、節税効果もあることから人気があるのです。つまり、不動産を募集することや管理する上でかかる費用を確定申告で経費計上して、賢い節税効果を上げ、確かな賃貸経営をしつつ、豊かな将来設計をする人が増えているのです。

↑PAGE TOP