トップ / 手形割引の電子化とは

手形割引の電子化とは

手形割引と銀行の期日

手形割引は民間でもできます

手形は振りだす方にはいくつかのメリットが有ります。支払いの先送りですが、借入金とは違いますので財務内容の改善効果がありますし、金利もかかりません。受取人は期日まで現金が手に入りませんので、早く現金が必要な場合には手形割引を利用することになります。通常は口座も持っている金融機関で割り引いてもらいますが、当日に現金化できない場合もありますので、民間の手形割引業者を利用する場合もあります。手数料は金融機関よりも高めですが、審査が緩い場合が多く、預金や担保の価値が低い場合には利用することも検討しましょう。

投資

資金繰りの管理は重要

資金繰り管理は、1年間の大まかな資金状況をつかみ、3カ月の実績と予想で当面の資金状況を把握し、1カ月の資金流出の多い日を定めることで、資金が足りないと慌てることもなくなります。毎月利益が上がっているのに資金が足りないと、資金の工面をその都度行っている中小企業があります。これは、売掛や買掛、手形などの信用取引があため、損益計算と現金収支が一致していないからです。月々の収支の変動が大きかったり、収入と支払いの期間が空いているなどの会社は、資金繰りの管理が重要になります。

↑PAGE TOP