トップ

マンション投資の基本

リスクの低い投資方法

マンション投資ローリスクの理由

これまでのようにただ銀行の預貯金へお金を預け入れているだけでは現在では思うように資産を増やしていくことはできません。しかしながら、高リターンの金融商品に手を出した場合、世の中の経済状況などによってせっかくの資産を大幅に減らしてしまうというリスクが伴います。そこで近年ではローリスクといわれているマンションに投資をする人が増えています。なぜマンション投資がローリスクだと言われている理由としては、建物自体に価値があるからです。建物には不動産としての価値があるため、株式や外国為替相場などのように一瞬で資産を大幅に減らしてしまうことがないのです。

投資

マンション投資の魅力

マンション投資の魅力は株やFXのように短期的に大きな利益を得ることはできませんが、高い利回りで家賃収入が入るため、長期的には効率のよい資産運用と言えます。リスクとしては空室リスク、有事のリスクなどが挙げられますが、都心部で交通の便が良ければ、空室になる可能性が低くなりますし、耐震強度や火災警報器などの設備をしっかりした物件を購入すれば、有事のリスクも軽減されます。また、マンション投資がうまくいかない理由でやめたとしても、経済がインフレ基調であれば、不動産を売却することで、大きな損失にはならないので、ローリスクの資産運用と言えます。

↑PAGE TOP